学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

北海道西部の太平洋沿いに残された津波堆積物の波源はなにか?

Prof nakanishi
中西 諒
東京大学 / 研究生
支援総額: 336,112 円
目標金額: 200,000 円
達成率
168 %
サポーター
46
残り時間
5
支援する

目標金額を達成しました!

Prof nakanishi

ご支援いただいた方々、情報発信していただいた方々心よりお礼申し上げます。目標額達成によってこの研究の良いスタートを切れることをうれしく思います。
このように早い段階で達成できたことは皆さんの津波災害への関心の高さと津波像復元への期待によるものであると感じ、気が引き締まる思いでいます。

プロジェクトは2か月ほど続きます。多くの方に津波災害研究を知っていただくことを目標としておりますので今後とも情報発信をお願いできればと思います。念願であった機器の購入を考えていますので、セカンドゴールとして30万円を設定したいと思います。これを機にこの輪が広がることを期待しております。今後ともよろしくお願いいたします。

academist スタッフからの一言
北海道で起きるかもしれない巨大地震を正確に見積もるために

北海道の太平洋沿岸では17世紀頃の津波堆積物が確認されていますが、その堆積物がどの津波によって運ばれたものかは明らかになっていません。もし17世紀の千島海溝で起きた地震による津波が運んだとすると、その規模は東日本大震災に匹敵しますが、中西さんは別の津波と合算されている可能性があると言います。学部を卒業して高校の理科教員を務めたあと、学生時代にやり残した津波堆積物の研究が忘れられず、再び大学で研究をすることを決めた中西さん。今回の研究では北海道西部の地層を採取して分析し、17世紀頃の津波堆積物を運んだ真の波源を解明します。これからの防災計画を考えるうえでも重要な研究です!

Prof arai

荒井俊

北海道においても超巨大地震は本当に起こるのか

私が大学の卒業論文のテーマを選んでいる最中の3月11日に東日本大震災は起きました。私が住んでいた札幌市は太平洋に面していないため津波の被害はありませんでしたが、報道によって流れる映像から目を離すことができなかったことを今でも覚えています。

私の所属していた研究室では2006年から北海道の太平洋沿岸において津波によって運ばれ地層中に残された「津波堆積物」の研究が継続的に行われていました。この津波堆積物は17世紀頃に堆積したとされており、その堆積物を運んだ津波の波源は未だに明らかにされていません。2011年の東日本大震災をきっかけに広く知られるようになった震源域が連動した「超巨大地震」によるものであった可能性が考えられています。私は北海道においても東日本大震災のような巨大な津波が本当に起きうるのか、という危機感と好奇心からこのテーマに挑むことにしました。

01 nakanishirevised

胆振・日高地域で見つかった津波堆積物の由来

千島海溝に面している北海道の東部(十勝~根室)では多くの研究成果が残されています。これまでの研究によると東部で採取した津波堆積物から推定される巨大津波の平均発生間隔は340から380年とされています。現在、直近に発生した17世紀津波から約400年が経過しようとしていることになります。

巨大地震の発生が差し迫った状況といえますがその地震の震源域や規模については実はわかっていないことが多いです。特に胆振東部地震の被災地である胆振を含む太平洋沖西部の地域では津波痕跡の調査がほとんど進んでいません。西部の胆振・日高地域においても17世紀頃の地層でのみ津波堆積物が確認されていますが、その津波の原因は不明のままです。

17世紀頃の地層で見つかった津波堆積物の由来として3つの候補が知られています。1640年の駒ケ岳噴火による山体崩壊によって生じた津波、東北地方で大きな被害をもたらした1611年の慶長津波、千島海溝の巨大地震による津波の3つです。

もし胆振・日高地域の津波堆積物が先述した北海道東部で起きた17世紀津波によってもたらされたものであれば、M9.1以上の規模の地震と3.11級の超巨大津波が千島海溝でも起こっていたことになります。私はこの17世紀のみに残された津波堆積物がどのような波源でどの程度の規模の津波によって運ばれたものなのかを究明したいと考えています。

02 nakanishirevised

ボーリング調査と地層中の炭素の質量分析で津波の原因に迫る

北海道における古文書等による17世紀以前の記録はほとんど残されていないため、研究では自然の書物である「地層」を調べることによって津波の発生年代や津波が届いた範囲などを調べます。

私はこのような調査をすべて人力で行なっています。具体的には、簡易的なボーリングをたくさん打ち込むことで噴火した時代のわかっている火山灰や砂の薄層を探し出します。これらの地層は基本的に植物が生育し、枯死した炭素を含む有機物が少しずつ積もった地層です。この地層に残された炭素のわずかな質量の差を東京大学大気海洋研究所の所有するSingleStageAMS装置(加速器質量分析計)を用いて測ることで精度よくその年代を知ることができます。そのため津波によって運ばれた砂層の上下の炭素を分析することで津波の発生年代が明らかになります。また、ボーリング調査によって内陸における津波堆積物の分布についても知ることができます。この分布から古津波の大きさを推定することもできるのです。

昨年の調査では日高海岸の比較的千島海溝に近い浦河町で17世紀以前の古い地層に数百年おきに堆積する砂層を発見しました。これらのイベント層はその発生間隔から海溝型の巨大地震によってもたらされた可能性が高いと考えています。もし、この複数の砂層が海溝から離れた地点で見られなくなっていった場合、同じく海溝から離れた地域である胆振に唯一見みられる17世紀津波堆積物の波源は数百年間隔の海溝型の巨大地震による津波とは異なっていると考えられます。17世紀津波堆積物と海溝型の巨大地震による津波堆積物の分布範囲などを比較することによって、17世紀の津波の正体が巨大地震によるものなのか、火山噴火による山体崩壊によるものなのかを突き止めたいと考えています。

03 nakanishi

研究費サポートのお願い

academistでの挑戦を決めたのは多くの方にこの研究を知っていただき、応援していただけると考えたからです。私の研究は防災・減災へと直結するものであると考えていますが、私や周りの研究者が知っているだけではその効果は半減してしまうと思っています。高校教員の経験を活かし、教育の場で活用が可能なリターンや報告を行うことで、研究の成果をより多くの方に知っていただきたいです。

千葉に引っ越したことで調査地である北海道が遠隔地になったため、支援いただいたお金は高額になった調査実施の運営費に充てたいと考えています。皆さんの協力のもと、調査や分析を行い、差し迫っていると言われている北海道の巨大津波の真相に少しでも近づきたいと思っています。

Support nakanishi
挑戦者の自己紹介

中西諒(なかにしりょう)と申します。北海道最高峰の旭岳の麓東川町で育ち、北海道教育大学札幌校の地学研究室で先生や先輩方から地質学の楽しさを学びました。卒業し高校理科教員を4年勤めましたが、やり残した研究を忘れられず母校の大学院へと戻り津波堆積物研究を続けてきました。調査対象は北海道ですが、この春から東京大学大気海洋研究所に所属し、研究を続けています。地質の面白さは宝探しのような喜びと、広い視野で地質どうしのつながりを見つめなおす奥深さだと思います。academistを通してこの面白さを共有できればと思っています。

Prof nakanishi

中西 諒

研究計画

時期 計画
2019年5月 クラウドファンディング挑戦
2019年5月 学会発表(JpGU)
2019年8月 北海道において調査
2019年9月 学会発表
2019年 年内に論文投稿予定
2020年1月 サイエンスカフェ

リターンの説明

1,000 円 (税抜)
注目のリターン: 研究報告レポート(PDF版)
研究報告レポート(PDF版)
1000 nakanishi

これまでと今回の調査の成果をできるだけわかりやすい形でまとめたレポートを送付いたします。応援よろしくお願いいたします!

支援する

19人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

5,000 円 (税抜)
注目のリターン: 学会発表資料の謝辞にお名前掲載
学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)
5000 nakanishi

2019年9月の日本地質学会にて本研究に関する発表をする際、謝辞にお名前を掲載させていただきます。また、発表資料(電子版)を送付いたします。お力をお貸しください。応援よろしくお願いいたします! ※学会発表が叶わなかった場合、その後の学会発表資料の謝辞にお名前を掲載いたします。

支援する

13人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

10,000 円 (税抜)
注目のリターン: サイエンスカフェ参加権
サイエンスカフェ参加権 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)
10000 nakanishi

サイエンスカフェにご招待いたします。関東と北海道のふたつの地域で開催いたします。1回目は2020年1月11日(土)に東京大学柏の葉キャンパスで、2回目は2020年1月18日(土)に北海道教育大学札幌校で開催いたします。当日は調査結果や津波災害についてお話させていただきます。希望があれば教材やアウトリーチに活用できるような内容にしたいと思いますのでご参加をお待ちしています! ※当日ご参加いただけない場合には、後日資料を共有させていただきます。

支援する

11人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

30,000 円 (税抜)
注目のリターン: 論文謝辞にお名前掲載
論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスカフェ参加権 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)
30000 nakanishi

本研究成果を発表する際の謝辞にお名前を掲載させていただきます。 ※研究成果をまとめられるよう努力いたしますが、論文の掲載に至らない可能性もございますこと、ご承知おきいただけますと幸いです。

支援する

2人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

50,000 円 (税抜)
注目のリターン: 地層の剥ぎ取り標本贈呈
地層の剥ぎ取り標本贈呈 / 論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスカフェ参加権 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)
50000 nakanishi

調査によって発見した災害履歴を残した地層をそのまま剥がした“剥ぎ取り標本”をお届けします。広域火山灰や砂層の分析データ付きです。教材やアウトリーチにご利用ください。※大きさは幅10㎝高さ60㎝ほどを予定しています。

支援する

1人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

このプロジェクトは、 2019年05月15日 12時00分 から 2019年07月26日 19時00分 までの間に目標金額200,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。
お支払について
お支払にはクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
Available cards
銀行振込について

銀行振込をご希望の方は下記のフォームよりご連絡ください。 フォームへ

セキュリティについて

当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。

1,000 円(税抜)

研究報告レポート(PDF版)

1000 nakanishi

19 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援
5,000 円(税抜)

学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

5000 nakanishi

13 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援
10,000 円(税抜)

サイエンスカフェ参加権 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

10000 nakanishi

11 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援
30,000 円(税抜)

論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスカフェ参加権 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

30000 nakanishi

2 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援
50,000 円(税抜)

地層の剥ぎ取り標本贈呈 / 論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスカフェ参加権 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

50000 nakanishi

1 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援

注目のプロジェクト一覧

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.