学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
institutes

大学・研究機関の方へ

学術系クラウドファンディングを
通じて社会とのつながりを
作っていきませんか?

プロジェクト160件以上、大学・研究機関利用XX校以上の利用実績を持つacademistがクラウドファンディングの導入をサポートします。

academistについて

academistは研究費獲得のための学術系クラウドファンディングプラットフォームです。しくみの詳細については「academistとは?」のページをご覧ください。また、チャレンジを希望する研究者が行う作業については「研究者の方へ」のページをご確認ください。 研究者がスポット型クラウドファンディングで獲得した研究費は、基本的に当社から所属機関様へ寄付金としてお振込する形となります。通常、支援金額が確定した時点で、所属機関へ寄付金申込書を提出しております。

academistご活用の流れ

プロジェクトの準備開始から公開までに掛かる時間は平均1か月半程度です。数日〜数週間での対応も可能ですのでご相談ください。

・契約締結をご希望の場合や、大学・研究機関全体としてクラウドファンディングの取り組みをご検討されている場合は、まずはサイト内の問い合わせフォームよりご連絡ください。クラウドファンディング説明会の開催や特設ページの作成なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

STEP
1

お問い合わせ・ご相談

step1

・必要に応じてお打ち合わせを実施させていただきます。 ・「寄付型」クラウドファンディング実施をご検討の場合、所属機関様より領収書の発行が必要となるため、事前打ち合わせが必須となります。

STEP
2

お打ち合わせ

step2

・academistでクラウドファンディングにチャレンジすることができる研究者は、利用規約とガイドラインに同意していただき、当社内の審査を通過された方です。掲載が決定した場合にのみプロジェクト制作が始まります。掲載料はかかりません。
・クラウドファンディングプロジェクトの実施主体となるのは基本的には研究者個人となります。「サポーターがチャレンジャーである研究者に直接支援する」性質をもつことから、当社としては、できるだけ一般管理費を抑えていただくようおねがいしております。
・スポット支援型のプロジェクトが達成した場合、研究費は当社から所属機関に寄付金としてお振込いたします。支援金額が確定した時点で、寄付金申込書を提出いたします。他の形でも対応可能ですので、ご希望の場合はその旨をお伝えください。
・研究費はクラウドファンディングの挑戦期間終了月の翌々月5日までにお振込いたします。たとえば、挑戦期間が3月15日〜5月15日の場合、7月5日までのお振込となります。
・リターンに関する業務(制作、発注、発送)はチャレンジャーのみなさまにご対応いただいております。経費や作業負担を抑えるため、物品系のリターンよりも体験系のリターンを推奨しています。
・サポーターの方が税制優遇措置を受けることができる「寄付型」クラウドファンディングにも対応していますので、ご希望の場合はご相談ください。

STEP
3

クラウドファンディングプロジェクトの実施

step3

よくある質問(FAQ)

当社からチャレンジャーの所属機関様にお振込いたします。チャレンジャーの方に直接お振込(※)することも可能です。※所得となるため、チャレンジャーの方の確定申告が必要な場合がございます。
基本的には当社からの寄付金としてお振込いたします。他の形式でも対応できますのでご希望の場合はその旨をお伝え下さい。
可能です。支援金額が確定した時点で、寄付金申込書を提出いたします。
クラウドファンディングで集めた資金の一部で制作します。たとえば、支援総額が100万円の場合には、手数料20%(17%:academist手数料、3%:決済代行会社手数料)を差し引いた金額の80万円から、リターン制作費(物品購入費、送料等)をご負担いただきます。物品系のリターンを設定しなければ、80万円を研究費として利用できるのですが、クラウドファンディング成功のためには物品系のリターンが欠かせない側面もあります。リターン設計に関してもスタッフが相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください。
リターンに関する業務(制作、発注、発送)は基本的にはチャレンジャーのみなさまにご対応いただいております。
可能です。利用用途についてはプロジェクトページに記載していただくことを推奨しております。
はい。ただクラウドファンディングが「支援者が研究者に直接支援する」性質をもつことから、当社としては、できるだけ一般管理費を抑えていただくようお願いさせていただいております。
「購入型」のプロジェクトの場合には原則、当社とサポーターの方々で売買契約を結ぶことになります。リターンが届かない等のトラブルに関しましては、当社にて対応させていただきます。「寄付型」のプロジェクトの場合には、チャレンジャーとサポーターとの間に寄付契約が成立します。
目標金額に到達しない場合、サポーターの決済は行われないため、研究者は支援金額を受け取ることはできません。期間延長は特別な場合を除き行うことはありません。
クラウドファンディングの挑戦期間終了月の翌々月5日までにお振込いたします。たとえば、挑戦期間が3月15日〜5月15日の場合、7月5日までのお振込になります。
他機関に異動がある場合、原則、研究費の移動はできません。当社から一度お振込みした金額に関しては、チャレンジャーが所属する間にご利用いただく形となります。当社でも、チャレンジ前に異動の可能性を伺った上でプロジェクトを作成するようにしております。なお異動元と異動先の機関間で移し替えが可能な場合には、この限りではありません。
詳細をご報告していただく必要はありません。旅費を試薬費にする等、必要に応じて柔軟にご利用ください。
返金の必要はありません。当初の予定よりも利用金額が少なく済んだ場合には、チャレンジャーの意向で関連した研究テーマのための資金として利用することが可能です。その場合、サイト上の「進捗報告欄」でサポーターに報告することが推奨されます。
academist のサイトに大学・研究機関様の独自ページを作成し、academist で実行中のプロジェクトとacademist Journal のご寄稿記事・インタビュー記事を掲載いたします。所属される研究者の方々の魅力をより効果的に発信することを目指した取り組みです。ご興味がございましたら、本ページ下部よりお問い合わせください。
基本的な機能は無料でご提供いたします。サイトカスタマイズ等個別のご要望がある場合には、その都度対応させていただきます。
基本的には、利用規約とガイドラインに同意いただく形になります。その上で、プロジェクト審査をさせていただき、掲載が決定した場合にのみプロジェクト制作が始まります。

相談する

プロジェクトを開始しよう
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.